Skip to content

 

分析


 ・境遇
 ・特別にこだわる
 ・島に残ろうとする理由
 ・慈愛
 ・桃に差し伸ばした手
 ・その手を振り払った桃
 ・決別後でさえ桃を心配
 ・桃が心を開く者に嫉妬
 ・和解
 ・結果を求める求めない
 ・非協力的な指導者たち
 ・手段を選ばない
 ・力を渇望
 ・上昇志向
 ・五体目の神へ
 ・マナの修練
 ・良い人扱いをいやがる
 ・言葉遣い
 ・責任転嫁
 ・責任能力

 境遇:


  マナ
   知ってますか?
   V-ウイルスから得られた研究結果は
   色んな分野で役立っているんですよ

   それでも、V-ウイルスにはまだまだ
   謎が多いんです

   自分が感染者であることを生かして
   そういう研究に携わることができたら
   いいなって思っています


  乱花
   はー、猪名川は立派だね
   ちゃんと考えてるんだなー


  マナ
   そんなことはありません

   治療が終わって一般社会に戻った時
   私が誇れるのは、このVR-ウイルスの
   力だけですから……          2-A-前



  マナ
   この島を追い出されたら
   私には何もないんです
   帰る場所も、頼れる人も……

   ヴァルキリーの力こそ
   私がこの世界で生きるために
   天が与えてくれたチャンス

   ここで脱落したら
   何もかも失ってしまう          7-B-前



  倫花
   おはよう、マナちゃん
   明日から実戦訓練の再開だね


  マナ
   定期戦の振替休日を
   挟みましたからね


  倫花
   振替休日って言えばさ
   幼稚園の頃、遠足に行った次の日に
   お疲れ休みっていうのがあってね

   ある時の遠足で
   わたしは熱を出して行けなかったんだけど


  マナ
   それは残念でしたね


  倫花
   で、その次の日はお疲れ休みに
   なるんだけど、お母さんがお弁当を
   作ってくれたんだ

   お母さんと乱花ちゃんと一緒に
   家のお庭でお弁当を食べたのが
   わたし、すごく嬉しくて

   懐かしいな
   お母さん、どうしてるかな

   もう逢えないのかな


  マナ
   …………

    ※ マナの親は既に亡くなっている? あるいは絶縁状態?


  倫花
   あ、そろそろ教室に戻らなくちゃ

   マナちゃんは用事なんだよね
   私先に戻ってるね


  マナ
   ええ、気をつけて

   ……ふう          8-A-前



  マナ
   一般的な女子高生は
   気配なんて消せないんです!

   あなたや桃さんと一緒にしないでください          18-A-前




 特別にこだわる:


  「境遇」を参照。

  (VR-ウイルス感染者が、リブレイターとエクスター
  両方の能力を有するという点を聞かされた後で)

  マナ
   じゃあじゃあ、私たちは特別な
   存在ってことなんですか?

   (略)

  マナ
   すごい! すごいわ!
   私って特別だったんだ!          1-B-前



  マナ
   だいたい外に出たって行く場所なんて
   あるんですか?

   それに私たちはVR-ウイルス感染者
   という、この世界でも稀有な選ばれた存在で

   私は、その中の
   さらに特別な存在になります

   倫花さんでも小春さんでもない……
   この私、猪名川マナが、五期生を
   導いてみせます

   リーダーとして五体目の神として……!          C-17-A-前



  マナ
   ふぇぇぇえええええん!
   ぐすっ、わぁぁぁあああ……


  小春
   もういいんです
   誰もあなたを責めたりしません……

   力を手に入れて周囲の
   人間を見返したい――

   それは他人のための価値を
   自分に見出したいという
   気持ちの裏返しだったんでしょう?

   私にはマナさんの
   気持ちがわかります

   私も、島の外に居た時は
   同じでしたらから……          C-20-A-後

    ※ “他人のための価値を自分に見出す”とは、自らの居場所を求める気持ちだと言える




 島に残ろうとする理由:


  理事長
   ここは数ある島の中で
   唯一V-ウイルスのコントロールに
   成功した実績を持つ場所なのよ

   簡単に言えば、この島で一年間
   治療を受ければ、V-ウイルスを
   完治させることができます

    ※ これは嘘だったと後に判明。ウイルス保持者を集める方便であり
      病気を治すことは出来ず、四神の命も永遠ではない。故に後継者を育てる必要があった。
      (永遠に守り続けるとの旨の発言をグンダリはしたが、それは決意の顕われで事実上は不可能)
       島とのリンクによって、およそ半永久的に存在を維持することは可能)



   (桃
    考えたこともなかった

    私たちのVR-ウイルスもそうだが
    V-ウイルスには治療法がない

    治療を受けてウイルスを制御する
    術を身につけなければ
    どのみち助からないんだからな          9-A-前)


   (ヴァイオラ
    筆頭の座とか、誰が誰と組むかとか
    そんなことは心底どうだっていい

    ただ、今ビクニを壊されるは
    困るのよ、とても困るの

    VR-ウイルスを完全に制御できる
    ようになって、この島を出るまではね          16-B-前)


  倫花
   あの、質問してもいいですか?


  理事長
   どうぞ、倫花さん


  倫花
   今の話だとなんだか私たちの
   病気が、普通は治らないみたいに
   聞こえるんですけど……


  理事長
   その認識で間違ってないわ
   V-ウイルスを完全にコントロール
   したという報告はありません


  理事長
   このビクニの外ではね

   (略)

  マナ
   倫花さん
   そんなに落ち込まないで

   この島にいれば病気を治して
   もらえるんだもの

   一緒にがんばりましょう
   ねっ?

   (略)

  理事長
   いくらVR-ウイルス保持者でも
   それをコントロールする素養がない者は
   いらないの

   言い換えれば、治る見込みが
   ない子は、他の島で治療を受けてもらうわ          1-B-前



  マナ
   あっ、桃さん!
   ああ、行っちゃった
   まだ話したいことがあったのに

   どうしてこうなっちゃうのかしら……

   部屋にいても一言も喋ってくれないし
   息が詰まっちゃう

   それにしても、言われてしまいましたね

   他人より自分のことを考えろ
   ですか

   桃さんが言うように、現状で私が
   VR-ウイルスを制御しきれて
   いないというのも事実でしょう

   どうにかして
   脱落だけは免れなくては……

   VR-ウイルスなんて病気にかかった
   おかげで、人生お先真っ暗だと
   思っていたけれど

   どうやらまだあきらめるには
   早いようですしね          2-A-前




 慈愛:


  マナ
   こう言ってはなんですけど
   桃さんのことよりも自分の
   ことを心配すべきでしょう          5-A-前

    ※ 口ではこう言っているが、この後にまたも桃を探しに行った



  マナ
   私は、できれば桃さんや
   他のみんなにも生き残って欲しいんです             6-A-前

    ※ VRクラスだけでなく、通常クラスの生徒も



  ゴウザンゼ
   乱花ちゃん
   一回戦ではお姉さんと戦うことに
   迷いがありましたね?


  乱花
   ……はい
   それは認めます


  ゴウザンゼ
   お姉さんのことを想うのはいいでしょう

   ですが、そのせいで
   マナちゃんへの配慮が欠けてしまった

   あの時、あなたは
   マナちゃんのために
   戦おうと考えていたかしら?


  乱花
   ……いいえ


  ゴウザンゼ
   マナちゃんには、あなたと
   共に戦う覚悟がありました


  乱花
   そんなの、猪名川はビクニで
   自分が生き残るために戦った
   だけで、私のためじゃ――


  ゴウザンゼ
   そうであっても、その目的の
   ために、彼女はあなたと共に
   戦うことを受け入れたのよ

   あの時、マナちゃんは
   確かに乱花ちゃんのために戦っていたのよ

    ※ 半ば姉と自分のことしか考えていなかった乱花


  乱花
    猪名川が……?


  マナ
   いつも優しいお姉さんと
   一緒にいた乱花さんには
   理解できないかも知れませんね

   もう少し大人になりなさい
   乱花さん          8-A-前




 桃に差し伸ばした手:


  桃
   パートナーなんていらない
   どうせ私以外はみんな死ぬ


  マナ
   そうならないための治療でしょう
   そんなことを言わずに力を合わせて
   がんばりましょう、ね?


  桃
   一時的になら組んでもいい
   私の目的の邪魔をしないなら


  マナ
   もちろん、それでいいわ
   乱花さんも、いいでしょう?

   (略)

  マナ
   よかった!
   じゃあ倫花さんも乱花さんも桃さんも
   今日からお友達ね!


  桃
   友達じゃない
   馴れ慣れしく名を呼ぶな
   それとお尻を触るな


  マナ
   あら、ごめんなさい
   うふふ          1-B-前

    ※ 分かりにくいが、実は出会った時から桃に好意を寄せている。
      おそらくこのスキンシップは劣情から来るものではなく、精神的な欲求から生じたものと思われる。
      その根拠は、和解時の告白と、桃と他者の絆に度々見せた嫉妬が挙げられる。
      あるいは、肉体的な欲求から精神的な欲求へと変化したか。とはいえ同性愛者でもない限りそれは無さそう



  マナ
   桃さん
   どこへ行ったんでしょう……

   桃さーん!
   桃さーん!


  桃
   ここにいる


  マナ
   あっ、桃さん


  桃
   何か用か?


  マナ
   用というわけじゃないんです
   ただ朝起きたら姿が見えなかったものですから

   迷子にでもなったのかもって
   心配になってしまって


  桃
   大きなお世話だ


  マナ
   今日から学校が始まるでしょう
   一緒に登校しませんか?


  桃
   断る


  マナ
   え、えーっと
   私、もしかして桃さんに
   嫌われちゃってます?


  桃
   自意識過剰だな
   お前など、どうでもいい


  マナ
   じっ……そ、そうですか
   どうでもいい、ですか
   あは、あははは……

   私は桃さんと仲良くなりたいです
   同室になったのも何かの縁ですし


  桃
   他人より、自分のことを心配した方が
   いいんじゃないのか?


  マナ
   どういうことですか?


  桃
   これまでの戦い振りを見る
   限りじゃ、一番最初に脱落するのは
   猪名川、おまえだ


  マナ
   それは……


  桃
   脱落するのは勝手だが
   私の足を引っ張るなよ


  マナ
   あっ、桃さん!
   ああ、行っちゃった
   まだ話したいことがあったのに

   どうしてこうなっちゃうのかしら……

   部屋にいても一言も喋ってくれないし
   息が詰まっちゃう          2-A-前



  倫花
   そろそろ教育区画へ向かわなきゃ
   遅刻しちゃうよ


  マナ
   私は桃さんを探してから行きます

   (略)

  マナ
   そうかも知れませんけど……
   私、もうちょっと探してみます

   私だけで大丈夫ですから
   お二人はお先に行っててください

   (略)

  マナ
   さてと、桃さんを探すとしましょうか

   初日から遅刻は印象が悪いですものね

   桃さーん!
   桃さーん!!

   (略)

  マナ
   ふぇ?
   なんですか?

   ごめんなさい
   お話を聞いていませんでした


  倫花
   どどどうしたの、マナちゃん!
   今にも死にそうな顔して!


  マナ
   ただの貧血です……
   しばらくじっとしてれば良くなりますから


  乱花
   ああ、朝っぱらから九頭竜を
   探して街中を走りまわったんだもんね


  桃
   午後からはVRクラスの
   治療プログラムだ

   今からそんな青い顔していて
   訓練についていけるのか?


  乱花
   ちょっと、九頭竜
   猪名川が、誰のために青い顔を
   してると思ってるの?


  桃
   知らないな


  マナ
   いいんです、乱花さん
   私が勝手にしたことですから


  乱花
   だけど


  桃
   これだけは言っておく
   自己管理ができない者は
   真っ先に死ぬぞ


  乱花
   またそれ?
   そう簡単に死なないっての


  桃
   おまえ
   随分と甘い環境で生きてきたんだな


  乱花
   はあ?


  マナ
   いいんです、乱花さん
   桃さんの言いたいこと私にもわかりますし


  九頭竜
   ……先に修練場へ行っている


  乱花
   何なんだよ、アイツ!
   ムカつくなぁ


  倫花
   なんとか仲良く
   できないかなぁ


  マナ
   いいんです
   これは私と桃さんの間の問題ですもの


  倫花
   違うよ
   私たちの問題だよ


  マナ
   そう……ですね

   取りあえず勉強の方は
   私でよければいくらでも頼って下さい


  乱花
   それは助かるよ~!
   猪名川がいて良かった!

   (略)

  マナ
   ごめんなさい
   また私とペアになってしまって


  桃
   誰でも同じだ
   どうでもいい

   お前は大人しく武器になって
   私に振るわれていればいい


  マナ
   いいえ、今回は私が
   リブレイターをやります

   同じ相手に二度も負けるのは
   自分が無能だと宣伝するようなものですし

   良い機会です
   進んで実力を示してみせなければ


  桃
   ふん
   いいだろう
   好きにしろ          2-A-前



  マナ
   桃さん、いったいどこへ
   行ってしまったのかしら……

   何をしようと勝手ですけど
   行方不明になられて困るのは
   ルームメイトの私なんです

   せめて居場所くらいは
   教えておいてくれないと


  桃
   991、992……


  マナ
   この声……
   どこから聞こえるのかしら
   ……あっ


  桃
   999、1000っと
   ふう、スクワットは終了だな
   次のメニューは……

   ……!!

   そこに隠れているのは誰だ!!
   ゆっくり出てこい!


  マナ
   あの、私です
   盗み見しようとしたわけじゃなくて……


  桃
   ……おまえか
   私に関わるなと言ったはずだ


  マナ
   ねえ、桃さん
   私たち、一度ちゃんとお話し合う
   必要があると思いませんか?


  桃
   話すことなどない

   (略)

  桃
   騒がしい奴が出てきたな

  (略)

   マナ
   ちょ、ちょっと二人とも
   今は私と桃さんが話をしている最中で……


  乱花
   そうだ! ねえ二人とも
   せっかくだから、ちょっと手合わせしない?

   身体を動かして発散しないと
   イラついて眠れそうになくてさ


  マナ
   そんな勝手な行為が
   許される訳ないでしょう?
   桃さんからも言って下さい


  桃
   ああ
   私は誰の挑戦も受ける
   かかってこい


  マナ
   ほら、桃さんだって断っ……
   ええ? あの、桃さん?
   そうじゃなくてですね


  理事長
   はいはい
   何かモメてる?

   (略)

  マナ
   あの乱花さんが、いきなり
   対戦を申し込んできたんです

   桃さんも何故か乗り気で
   このままじゃ本当に戦闘になってしまいます

   理事長先生からも二人に言ってやってください


  理事長
   別にいいわよ?


  マナ
   えーー
   い、いいんですか?

   (略)

  マナ
   えーっと、その~
   ……ちらっ


  乱花
   さあ、やろうか!
   かかってきなよ!


  桃
   次は負けない
   覚悟するんだな

   (略)

  マナ
   もうっ
   仕方ないですね

   戦いが終わったら
   ちゃんとお話してくださいね
   桃さん、約束ですよ?          2-B-前



  マナ
   あのね、桃さん
   話を聞いて欲しいの


  桃
   話すことなどない
   私の邪魔をするなと言ったはずだ


  マナ
   大事なお話なんです
   5分でも10分でもいいから
   お話をしませんか?


  桃
   強くなること以外に大事な話なんてあるのか?


  マナ
   価値観は違っても
   協力し合うことはできると思うんです


  桃
   10分もあれば学園の外周を
   一周できる


  マナ
   え、ええ
   そうですね


  桃
   だったら、お前と話している
   ヒマなんてないのは分かるな?


  マナ
   えっ……


  桃
   指示があれば誰とでも組む
   それ以外では誰にも頼るつもりはない

   一人で走ってくる


  マナ
   あっ、桃さん!
   ……もう

   どうしたらいいのかしら……          3-A-前



  マナ
   私の実力は証明して見せました
   さあ、専属契約を結びましょう


  桃
   専属契約?
   何の話だ


  マナ
   私の実力は理事長先生も認めています
   ペアを組むのに迷う理由がどこに
   あるというんですか?


  桃
   理由など求めた覚えはない
   私は誰とも組まない
   それだけだ


  マナ
   ちょっ、まっ
   私が誰のために厳しい訓練を
   積んだと思ってるんです?


  桃
   自分のためだろう


  マナ
   そ、それはそうですけど……

   私と組めば有利になると
   そう言っているんです


  桃
   有利?
   何が?


  マナ
   決まってるでしょう
   VR-ウイルスの治療プログラムを
   進めるにあたって有利だと――


  桃
   お前が生き延びたいなら
   訓練でも努力でも勝手にすればいい

   ただ、私に構うな
   私と組めば死ぬ
   有利も不利もない


  マナ
   その時に組む相手がいなくて
   困るのは桃さんじゃないんですか?

    ※ 後に現実となる


  桃
   困りはしない
   私が困るのは……くっ

   困るの、は……
   頭が……割れる……


  マナ
   桃さん?
   どうしたんですか?
   だ、大丈夫?


  桃
   あ、私に触るな!
   放っておいてくれ!


  マナ
   っくぅぅぅぅうううう!
   何ですか! あの人は!

   (略)

  倫花
   ねえ、マナちゃん
   それより桃ちゃん具合悪そうだったよね


  マナ
   そうでしたね
   急に顔色が悪くなって……
   どうしたんでしょう


  倫花
   まだ遠くには行ってないよ
   探しに行こう?


  マナ
   そうですね
   今倒れられても困りますし          3-B-前



  マナ
   やっと見つけました
   ここにいたんですね

   さ、教室に戻りましょう


  桃
   ……猪名川か


  満腹丸ちゃん
   ピーちゃんは具合が悪いのだ
   すぐにごはんを食べさせないと


  マナ
   大丈夫です
   桃さんのことは、私に任せておいてください 

   (略)

  マナ
   そんなにあからさまな顔で
   溜息をつかなくてもいいでしょう

   イヤなのはお互い様なんですから


  桃
   だったら何故、私に構う?
   頼んだ覚えはない


  マナ
   嫌われ者は必要でしょう?
   それで五期生をまとめられるなら
   私は喜んでその役を引き受けます


  桃
   私を連れ戻せば
   お前の評価が上がるからだろう


  マナ
   そうですと言えば
   納得して教室に戻ってくれるんですか?


  桃
   お前の評価など
   私が知ったことじゃない


  マナ
   そうですね……
   自分の為ではないとは言いません

   でも、桃さんのためでもあるんです

   治療プログラムだって授業の一環なんですよ

   授業にもきちんと出席しなければ
   この島から放り出されてしまいますよ

    ※ やはり桃を気遣っている


  桃
   ……治療プログラムか


  マナ
   さあ
   今なら2時限目には間に合います
   教室に戻りましょ


  桃
   ……わかった
   戻ってやってもいい


  マナ
   よかった、桃さん!
   分かってくれたんですね!          5-A-後

    ※ この後コンゴウと再戦に向かう為、教室には戻らなかった



  桃
   ふん、どうでもいい
   だが約束は約束だ
   付き合ってやる

   で、どうしてこんなところへ
   私を連れてきたんだ?


  マナ
   ここは選ばれた成績優秀者だけが
   住むことを許されている区画です


  桃
   いわゆるエリート区画か
   まったく興味がないな


  マナ
   ねえ桃さん
   二人でポイントを出し合って
   この区画に引っ越しませんか?


  桃
   もう一度言うぞ
   まったく興味がない


  マナ
   どうしてですか
   環境はいいし、お手伝いロボット
   だって支給されるんです

   いいことずくめじゃありませんか


  桃
   住む場所なんて
   雨露がしのげさえすればいい


  マナ
   ここに住んでこそ
   名実共にエリートとして認められるんです

   筆頭を目指すからには
   住むにも相応しい場所と
   いうものがあるでしょう


  桃
   そんなに住みたければ
   お前一人で勝手に住めばいい


  マナ
   そうはいかないから
   こうやって相談してるんじゃありませんか

   ここに住みましょうよ~
   ね? ね? 桃さん
   いいでしょう~?

   私と一緒に、次のステップに
   上がりましょう!

    ※ 最後には結婚が待っているはず……!



  桃
   ちっ
   また面倒な話になってきた……

   (略)

  マナ
   いいですか桃さん
   私とあなたは、ここに住む
   権利があるんですよ?


  桃
   何度でも言う
   興味ない
   勝手にしろ


  マナ
   桃さんが一緒に来てくれないと
   引っ越しの許可が下りないんです
   私たちはルームメイトなんですから

   住めば都と言いますし
   ね? 引っ越すぐらいいいでしょ?

   これは桃さんのためでもあるんです


  桃
   いい加減にしろ
   本当に殺すぞ?
   お節介は負けるのの次に嫌いなんだ


  マナ
   瀟洒で落ち着きがあって
   勝者が住むに相応しい場所だと
   思いませんか?

   (略)

  桃
   興味など全くない
   それに一番最初に言ったはずだ

   私の邪魔をするな、と       5-B-前




 その手を振り払った桃:


  桃
   あの程度が私の実力だと
   思われるのは不本意だ


  マナ
   まあまあ
   試験は合格だったんだから
   よしとしましょうよ

   (略)

  桃
   二度と私の足を引っ張るような
   真似をするな


  マナ
   ご、ごめんなさい
   あれでも一生懸命がんばったんですけど……


  桃
   ……ちっ          1-B-後



  マナ
   やった!
   勝ちました!


  桃
   ああ、そうだな


  マナ
   私たちの勝ちですよ!


  桃
   分かってる
   大きな声で騒ぐな
   抱きつくな

    ※ やはり好意を寄せているのが感じられる。
      他の者と組んで勝利しても、マナはこういった態度は見せない


  マナ
   桃さん、このあと時間あります?
   二人で祝勝会をしませんか?


  桃
   断る


  マナ
   あ、あのっ、桃さん!


  桃
   なんだ?


  マナ
   これで少しは私の実力を
   認めてくれますか?


  桃
   お前の実力?
   バカバカしい

   私がドライヴしたんだ
   勝って当たり前だろう

   くれぐれも勘違いするな
   お前の力じゃない
   私の力だ


  マナ
   そう……ですか


  桃
   今日の治療プログラムは
   これで終わりだな
   では先に帰る


  マナ
   あっ、桃さん!!

   勝っても当然
   負ければ私のせい

   だったら私は
   どうすればいいのよ!
   もうっ!


  コンゴウ
   修練を積むしかあるまい


  マナ
   それで桃さんからの
   いいえ、みんなからの
   信頼を得られるのでしょうか?


  コンゴウ
   それは分からん
   だが――

   我らヴァルキリーは
   つよくなければ生きては行けぬ

   それを努々忘れるな


  マナ
   はい……          2-A-後




 決別後でさえ桃を心配:


  マナ
   桃さん、新しいパートナーを
   見つけたんですか?


  満腹丸ちゃん
   はいはーい!
   ピーちゃんのパートナーの
   まんぷくまるちゃんでっす!


  ヴァイオラ
   へえ
   あなたたち、パートナーを組んだんだ


  マナ
   そうですか
   良かった……


  桃
   ふん


  ヴァイオラ
   で、その即席コンビで私をどうするって?

   叩き潰すとか聞こえたけど
   気のせいよね?


  桃
   今、ここで叩き潰してやろうか?


  ヴァイオラ
   あははは!
   前回、あれだけ叩きのめされて
   良くそんな口が利けるものね


  マナ
   桃さん
   いくら何でも認識が甘すぎます

   もし定期戦でヴァイオラさんと
   戦うようなことがあれば、全力で逃げてください

   何なら棄権してもいい

   勝ち目のない相手に挑んで
   ケガするよりもずっとマシです


  桃
   お説教はたくさんだ
   猪名川、お前に戦いの何が分かる


  マナ
   分かっていないのは桃さんの方です!


  ヴァイオラ
   アメーバと同じレベルの単細胞に
   口で言っても理解しないわよ、マナ


  マナ
   私は、できれば桃さんや
   他のみんなにも生き残って欲しいんです

    ※ VRクラスだけでなく、通常クラスの生徒も


  ヴァイオラ
   ならばマナ、あなたが教えてあげなさいな

   ヴァルキリードライヴの何たるかを


  マナ
   ……わかりました

   (略)

  桃
   いいのか?

   猪名川の実力は
   昨日まで組んでいた私が一番よく知っている


  マナ
   そう……ですね
   戦い以外に取り柄のない桃さんが
   私に負ける訳にはいかないでしょうね


  桃
   ご託は必要ない
   かかってこい


  マナ
   言葉で伝わらないのなら
   致し方ありませんね……          6-A-前



  マナ
   ……ガッカリです

   心の何処かで
   桃さんは強いと信じていました

   あなたを裏切った私を
   打ちのめしてくれることを期待していました

    ※ 自分が裏切ったと言っているが、
      桃が徹頭徹尾マナを無視したのが、原因の多くを占めている


   (略)

  桃
   どうして負けた?
   猪名川相手に、私が後れを取るなど……


  ヴァイオラ
   所詮はその程度だったのよ

   私は何もしてないわ
   ただマナの戦い方に合わせただけ

   彼女が思うままに
   手を添えただけよ

   それだけで、ここまで差が出るわけ
   理解できたかしら


  桃
   猪名川……
   くっ


  マナ
   ヴァルキリーは、パートナーとなる
   相手がいてこそ戦える

   いいえ、戦いそのものだって
   敵という誰かがいて成立するんです

   でも桃さん
   あなたは誰も見ようとしない
   誰の声も聞こうとしなかった

   私があなたを見限ったのは
   あなたが私を見てくれなかったから

   あなたは誰と戦っているの?


  桃
   …………


  マナ
   桃さんと満腹丸さんの
   パートナー申請は、副筆頭である
   私が責任を持って登録しておきます

   もし定期戦で私たちと
   また戦うようなことがあれば――

   見逃してあげますから
   逃げてくださいね


  桃
   猪名川、貴様……っ!


  ヴァイオラ
   はい、そこまで
   笑えもしない茶番だわ

   ただ、これはマナがあなたに
   向けた精一杯の優しさだということを
   忘れないことね

   番狂わせは起きないわ
   あなたが変わらない限り          6-A-後

    ※ これを機に、桃は変わっていくことになる



  マナ
   ほら、行きなさい

   逃がしてあげると言ってるんです

    ※ まだ桃に対する想いは残っているのだろう


  満腹丸ちゃん
   なんだろ……
   この場所、すごくやな感じなのだ
    ピーちゃん、帰ろ……?


  小春
   一度退いて下さい
   お願い、桃さん


  マナ
   そろそろ巡回の警備員が
   来る頃ですよ          13-B-後



  桃
   何の用だ?
   私は今、忙しい


  マナ
   白々しい
   わかっているくせに

   五期生全員を連れて大人しく投降なさい

   これは理事長命令です


  桃
   断る

   これで用は済んだな
   理事長のところでも
   さっさと帰れ


  マナ
   バっ、バカにして!


  桃
   バカにしてなどいない
   私たちのことを心配してくれているんだろう?


  マナ
   心配?
   笑わせないでくださいます?

   どうして私が、あなたたちのような反逆者の
   心配をしなくてはならないわけ?          O-18-A-前

    ※ カオスルート終盤で、外の地獄を味あわせるくらいなら
      いっそ葬ろうとグンダリは考えていた。やはりマナは皆を気遣っている




 桃が心を開く者に嫉妬:


  マナ
   あなたたち、いつの間に
   訓練をしたの?


  桃
   訓練?
   そんなものはしていない

   倫花とドライヴしたのは
   今回が初めてだ


  マナ
   そんな! ありえません!
   初めてのドライヴで、あれほどの
   シンクロができるなんて!          7-A-後

    ※ 自分とは上手くいかなかったことを思い出し、少しショックを受けている



  乱花
   お姉ちゃんは、どうして
   倒れるまで戦い続けたと思う?

    ※ 定期戦一回戦で、乱花の為にも戦ったマナに対して、乱花は自分達姉妹のことしか考えていなかった。
      その乱花が知ったような顔をするのは、マナに対して礼を欠いている


   (乱花
    全力を尽くすよ
    それが月影や九頭竜に対する
    私の礼儀だから

    ヴァイオラ
    あんたに対してもね          10-B-前

     ※ 乱花の成長にもマナは関わっている。その礼儀をマナは自ら示して見せた)


  マナ
   己の力量を見誤ったからです


  桃
   猪名川、私と倫花の戦いを見ても
   まだそんなことを言っているのか?


  乱花
   勝ちたかったから
   ううん、勝たせたかったから

   パートナーである九頭竜の思いに
   お姉ちゃんは応えようとした

   今までの二人では出来ないことをやろうとした


  桃
   乱花の言う通りだ
   私たちの思いを乗せた刃は
   ゴウザンゼ先生に届いた

    ※ マナの想いには応えなかった桃が、
      マナの前で聖者のように振る舞うのは無理がある



  マナ
   ……口でなら何とでも
   言えるでしょう          9-A-前



  マナ
   あらあら、怖い顔ね
   どうしたんですか?


  桃
   お前が何を知っていようが
   何を考えていようが
   私には関係ない

   私が神楽坂姉妹を、いや
   ヴァルキリーの未来を守る


  マナ
   殺すのが大好きなバトルマシーンが
   ずいぶんと変わったものですね

   ヴァルキリーの未来を守る?
   じゃあ私も守ってもらえるのかしら?

   ※ 桃のその気持ちを、僅かでも当初のマナに向けられていれば……
     マナが頼れる人はどこにもいない


  桃
   私の邪魔をしなければな


  マナ
   あっはははははは!
   無様に負けておいて
   面白いことを言いますね


  桃
   ぐ……うっ……        13-B-後



  ヴァイオラ
   姉妹と言うだけで、あそこまで
   シンクロできるというの?

   違うわね

   ここを追い出されるかも知れない
   リスクを背負って尚、真実に手を
   伸ばそうとした覚悟の差か……


  マナ
   桃さん
   あなた、まさか手を抜いた
   なんてことはありませんよね?


  桃
   手を抜いたかどうかくらい
   見ていてわからなかったのか?

   第一、ダイイトク先生が
   そんな不正は見逃さないだろう


  マナ
   それは……
   そうですけれど


  桃
   ならば、あの二人の勝ちに
   文句はあるまい


  マナ
   勝ち負けに文句を言うつもりはありません


  桃
   なに?
   どういうことだ?


  マナ
   あなたが手を抜いたのではないのなら
   それでいいんです

   それでは……           15-A-後




 和解:


  桃
   猪名川……


  マナ
   あら、何ですか?
   惨めな負け犬の姿をあざ笑うつもり?


  桃
   そんなことはしない


  マナ
   ふん、どうだか

   ええ、私は理事長先生の犬だわ

   踊らされていると分かっていて
   そのくせ逆らうこともできない
   哀れで滑稽な劣等生――

   笑いたければ笑えばいいでしょう!


  桃
   …………


  マナ
   何です?


  桃
   猪名川は、本当に
   理事長に従うつもりなのか?


  マナ
   当然でしょう

   V-ウイルスを治療したいなら
   あの人に従うのが最善の道です


  桃
   私はそうは思わない
   確かに島の外へ出れば
   色々な問題が発生するだろう


  マナ
   色々な問題……ですって?
   AAAに捕らわれて、兵器に改造されると
   はっきりおっしゃいなさいな


  桃
   だが私たちはそうはならない


  マナ
   何故、そう言い切れるんですか


  桃
   私たちの意志で
   未来を変えるからだ


  マナ
   ふん、なんですか、それは
   意味が分かりません


  ヴァイオラ
   未来なんてないわ
   あるのはただの地獄よ


  桃
   そんなことはない
   みんながいれば、きっと……


  倫花
   うん、私もそう思うよ


  マナ
   ふん、笑わせないでくれます?

   みんながいればだなんて
   よりにもよってあなたが口走るとは


  桃
   …………


  マナ
   この島で初めて会ったとき
   自分で言ったことを忘れたんですか?

   パートナーなんて必要ない
   自分以外はみんな死ぬって
   そう言っていたじゃありませんか!

   散々他人を拒絶していたあなたが
   今さら都合のいいことを
   口にしないでください!


  桃
   …………


  倫花
   マナちゃん、
   そこまで言わなくても


  桃
   そうだな
   猪名川の言う通りだ

   あの時、私は猪名川が
   差し出してくれた手を振り払ってしまった


   マナ
   その通りです
   本当に今さらですが


  桃
   …………


  マナ
   なんですか
   文句でもあるんですか?


  桃
   すまなかった


  マナ
   えっ?


  桃
   猪名川の優しさを
   私は素直に受け止められなかった
   謝る

   私は、ひどい人間だった


  マナ
   そ、そんな風に謝られたって
   今さらどうしようもないでしょう


  桃
   都合のいいことを
   言っているのはわかっている

   だが、できることなら
   最初からやり直したい

   そして今度こそ……
   猪名川と友達になりたい


  マナ
   はっ
   何を言ってるのか

   友達ごっこがしたいなら
   V-ウイルスを治療してからでも十分でしょう

    ※ 否定はしない様子


  乱花
   はぁ? なに言ってるのよ
   そんなことできるわけないじゃない


  マナ
   今のままではそうですね
   だけど四神に取りこまれ
   時間を止めればいつかは可能でしょう


  倫花
   そんなの絶対駄目だよ!


  マナ
   これは私と桃さんの問題です
   関係のない人は口を出さないでください


  桃
   そうじゃない
   ウイルスを治す必要なんてない


  マナ
   それは私と友達になるつもりは
   ないということでいいですか?


  桃
   違う
   私たちはヴァルキリーだからこそ
   お互いに通じ合えるんだ

   生まれた場所も、育った環境も
   それぞれ違う

   だが、このウイルスを宿している
   から――ヴァルキリーだからお互いを
   分かり合える

   お前の優しさは
   刃を交えた私が知っている


  マナ
   何を……
   勝手なことを……


  満腹丸ちゃん
   そういえば?

   まんぷくまるちゃんが
   お腹が空いて動けないときとか
   おやつを買ってくれたのだ


  マナ
   そ、それはブタを
   餌付けしようとしただけです!


  満腹丸ちゃん
   でも、おやつは美味しかったのだ
   まんぷくまるちゃんは進んで
   餌付けされますが、なにか?


  乱花
   へ~、そんなことしてたんだ


  倫花
   優しいね、マナちゃん


  マナ
   うぅっ……
   余計なことを……


  桃
   満腹丸だって分かってるんだ

   力を貸してくれとは言わない
   私に手を差し伸べた頃の気持ちを
   思い出してくれ


  マナ
   ……私のことをそんな風に
   思っていてくれたんですか

   裏切って理事長先生に手を貸そうとしていた
   この私を――

   友達だと――


  倫花
   もちろんだよ、マナちゃん
   この島に来て最初に合った
   大事な大事な友達だよ


  乱花
   正直、あの頃は猪名川頼み
   だったもんね

   私とお姉ちゃんだけだったら
   入島手続きもできなかったよ


  満腹丸ちゃん
   一度餌付けしたからには
   責任を取ってもらわないと
   こっちとしても困るのだ


  マナ
   …………


  ヴァイオラ
   ふん、くだらない

   これ以上は付き合ってられないわ
   行くわよ、マナ


  マナ
   …………


  ヴァイオラ
   どうしたの?
   さっさと行くわよ


  マナ
   私……私は……


  ヴァイオラ
   やれやれだわ
   どうやらあなたも、そこの
   甘ちゃん連中と同じみたいね

   あなたみたいなヘタレと組んだところで
   まともにドライヴできるはずもないわ


  マナ
   なんですって?


   ヴァイオラ
   興味が失せたわ
   さよなら、マナ

   友情ごっこでも
   おままごとでも
   好きにするといいわ


  マナ
   ふう……
   私ったら何をしているんだが

   せっかく理事長先生に
   取り入ったのに、これでは
   元の木阿弥じゃありませんか


  桃
   すまない、猪名川


  マナ
   謝らないでくれますか
   私は私の意志でここに残ったんです


  倫花
   それじゃマナちゃん!!


  ゴウザンゼ
   そこまでです!


  倫花
   ゴウザンゼ先生!


  ゴウザンゼ
   もう港まで来ていたなんて
   危ないところでしたわ

   悪い子たちには
   たっぷりとお仕置きして差し上げなくてはね



  ゴウザンゼ
   マナよ、よく足止めを
   しておいてくれましたね

   おかげで反逆者を
   逃がさずに済みました


  マナ
   …………


  ゴウザンゼ
   さあ、覚悟なさい
   勝手な振る舞いもここまでです

   その身を以って
   神の怒りを知りなさい!


  乱花
   きゃああぁっ!


  倫花
   乱花ちゃん!
   あうっ!!


  満腹丸ちゃん
   クリティカルヒットなのだ
   きゅう……


  ゴウザンゼ
   コンゴウさんの到着を
   待とうとも思いましたが
   その必要もなさそうですわね

   我が身に取り込み
   永遠の安らぎを与えてあげましょう

   すぐ済みます
   大人しくしていなさい


  桃
   このままではまずい……
   私一人ではみんなを守り切れない


  ゴウザンゼ
   無駄なあがきをしようなどと
   考えないことですよ

   さあ
   V-ウイルスの治療法が見つかる日まで
   仲良くお眠りなさい


  マナ
   ……どうやらあなたたちの
   悪運もここまでのようですね


  桃
   本当にそう思っているのか
   その言葉は本心なのか?


  マナ
   …………


  桃
   猪名川、私とドライヴしろ


  マナ
   なんですって?


  桃
   このまま四神に取りこまれて
   終わりだなんて、お前はそれで
   納得できるのか!

   私は、みんなを
   友達を守りたい!

   頼む!
   私と一緒に戦ってくれ!


  マナ
   …………


  ゴウザンゼ
   何を血迷ったことを
   マナは私たちについたのです


  桃
   そんなことはない
   猪名川は私たちを助けてくれる

   ……私たちは友達なんだ


  ゴウザンゼ
   おしゃべりは終わりです
   さあ、覚悟をお決めなさい

   何のつもりですか?
   マナ

   邪魔ですわ
   そこをおどきなさい


  マナ
   申し訳ありませんが
   お断りします

   何せ、友達に助けてと
   お願いされてしまいましたから


  桃
   猪名川……!


  マナ
   まったく手間がかかるんですから
   これは貸しにしておきますからね


  桃
   ありがとう
   信じていた


  マナ
   本当に調子がいいんですから

   お礼なら言うのは
   この場を切り抜けてからにしてください


  桃
   ああ


  ゴウザンゼ
   何と愚かな……
   ただでは済みませんわよ?


  マナ
   ただでは済まないのは
   そちらの方です


  ゴウザンゼ
   その言葉、後悔しないことです
   お出でませい、コンゴウさん!


  コンゴウ
   応である!


  ゴウザンゼ
   きついおしおきをしてあげますわ!

  (戦闘後)

  マナ
   ふぅ……
   口ほどにも……
   ありませんでしたね


  桃
   先生たちは逃がしたか
   とどめを刺せなかったのが
   悔やまれる……が

   一緒に戦ってくれと頼んだ
   私が言うのもおかしな話だが
   よかったのか?

   お前にもお前なりに
   積み重ねてきたものがあったんじゃないか?


  マナ
   ちょうど優等生でいるのにも
   飽きてきたところでしたしね
   ちょうどよかったんです

   これからは自分のために
   そして好きな人のために戦います


  桃
   猪名川……
   ありがとう


  マナ
   ええ、本当に
   どういたしまして


  倫花
   ううん……


  乱花
   う……どうなったの……?


  満腹丸ちゃん
   むにゃむにゃ……
   もう食べられないのだ~


  マナ
   ほら、満腹丸さん
   寝ぼけていないで起きて


  桃
   みんな
   無事だったようだな


  倫花
   桃ちゃん……
   あっ、四神は!?


  桃
   それなら心配ない
   私と猪名川で撃退した


  倫花
   えっ、マナちゃんと!?


  乱花
   どういうこと!?


  マナ
   どういうこともなにも
   そういうことです

   私も皆さんと一緒に戦います
   友達に頼まれたのならしかたが
   ありませんから


  倫花
   わぁ、やった!!
   よろしくね、マナちゃん!


  乱花
   ふーん
   まあ、いいんじゃないの?


  満腹丸ちゃん
   みんな一緒で嬉しいのだ
   早速宴会の用意を――


  マナ
   残念だけど、それは後です
   五期生の皆さんを収容する船を探しませんと          O-18-A-後 ~ O-18-B-後



  マナ
   そんな……
   私は五期生筆頭なんです……

   五体目の神になるはずなのに
   その私が……どうして……


  ヴァイオラ
   これで分かったかしら?
   あんたなんか小春や倫花の
   足もとにも及ばないってことが

   散々偉そうなことを言っておきながら
   ざまぁないわね


  マナ
   うっ……ううっ……ぐすっ……
   ひっ……ひっぐ……


  ヴァイオラ
   え……


  マナ
   うえ……うええええええええええんっ!


  ヴァイオラ
   ちょっ……な、泣くの!?


  マナ
   びえええええええええええええええっ!


  ヴァイオラ
   あのっ、マナ?
   何も泣くことはないでしょう?
   わあ、困ったな……


  マナ
   ふぇぇぇえええええん!
   ぐすっ、わぁぁぁあああ……


  小春
   もういいんです
   誰もあなたを責めたりしません……

   力を手に入れて周囲の
   人間を見返したい――

   それは他人のための価値を
   自分に見出したいという
   気持ちの裏返しだったんでしょう?

   私にはマナさんの
   気持ちがわかります

   私も、島の外に居た時は
   同じでしたらから……


  マナ
   だって、だって……
   ううっ、ぐすっ……
   うえええぇぇん


  ヴァイオラ
   うう、困ったわね……


  倫花
   いつまでもメソメソしてても
   何も変わらないよ、マナちゃん


  マナ
   ぐすっ……ひっく……
   倫花……さん?


  倫花
   ヴァイオラちゃんに待機してろって
   言われたんだけど、心配になって
   追い掛けて来ちゃった


  ヴァイオラ
   マナのあの様子じゃ
   倫花がいたら、まとまる話も
   まとまらなくなるわ


  桃
   攻撃的な思考は、VR-ウイルスが
   精神に及ぼす典型的な作用だ

   ある程度は仕方がないことだ
   私でも、戦闘的な衝動を抑えるのに
   苦労することがある


  マナ
   VR-ウイルスの作用……


  倫花
   マナちゃんは、ただ
   不安だったんだよね?


  マナ
   ……そうなのかも知れません

   不安を埋めるために力を求めて
   その力を失うことを恐れて
   また力を求める……


  倫花
   マナちゃんだけが
   強くならなくてもいいんだよ

   辛いことも楽しいことも
   仲間のみんなで分け合おうよう


  マナ
   仲間……?
   私が?


  桃
   仲間だって意見くらい
   食い違う時もあるだろう

   そのたびに相手を殺していたんじゃ
   あっという間に世界の人口は半減だ

   そうならないために
   仲直りという方法が存在するんだ
   そんなことも知らないのか?

   どうした?
   どこか痛めたのか?


  マナ
   なん、で……
   どうして私のことを
   助けてくれるんですか……?

   私はあなたにひどいことを
   言ったのに……
   なのに……どうして!?


  桃
   さっきも言っただろう?
   私たちは仲間だからだ
   友達を助けるのに理由はいらん


  マナ
   桃さん……

   その……
   ごめんなさい

   それと、ありがとう


  桃
   ああ

   そういえば、私の方も
   猪名川に礼を言うのを忘れていた


  マナ
   え……
   で、でも私、桃さんにお礼を
   言われるようなことなんて何も


  桃
   私がこの島に来た当初
   私の面倒を何かと見てくれただろう


  マナ
   それはだって
   当たり前のことですし


  桃
   そうかも知れないな
   だが私はお前の優しさに
   感謝しているんだ

   ありがとう、猪名川


  マナ
   桃……さん……
   私……ぐすっ……私ぃぃぃ……
   うえええええええええんっ!


  桃
   やれやれ……          C-20-A-後




 結果を求める求めない:


  桃
   ……ふん


  マナ
   悔しいのは私も同じですよ
   でも、今は潔く負けを認めましょう
   ね、桃さん

   (略)

  桃
   負けた戦いに意味などない
   ここが戦場だったら、私も
   猪名川も死んでいた          1-C-前



  マナ
   あっ、桃さん!!

   勝っても当然
   負ければ私のせい

   だったら私は
   どうすればいいのよ!
   もうっ!          2-A-後



  マナ
   くうっ
   また負けてしまいました……


  桃
   まあ、こんなものだろう


  マナ
   どうして桃さんは、負けても
   平然としていられるんですか?
   悔しくないんですか?


  桃
   試合には負けた
   でも死んだわけじゃない

   それに今の戦いで、私たちは
   まだまだ強くなれると分かった

   私はその手応えが得られただけでも十分だ


  マナ
   …………          2-B-後

    ※ 前と言っている事が違うような……と思っているのだろう



  桃
   負けは負けだ!
   それ以外の何物でもない


  マナ
   桃さん
   途中で手を抜いたでしょう?
   それくらい分かるんです


  桃
   今回も死なずに済んだ
   他に望むことがあるのか?          3-B-後



  マナ
   いくらすごい戦いでも
   合格点に達しなければ意味がありません

   (略)

  桃
   自分の力を見誤らないことだ
   でないと、猪名川の様な目に遭うぞ


  マナ
   まるでコンゴウ先生と戦って
   損をしたみたいな言い方をするんですね


  桃
   だが負けは負けだ
   意味のない戦いだった


  乱花
   負けた戦いに意味がない?
   九頭竜、それ本気で言ってるの?


  桃
   本気だとも


  乱花
   何言ってんの?
   超アツかったじゃん!

   見てる方も手に汗握るって言うか
   猪名川もコンゴウ先生もがんばれ!
   って胸がドキドキしたよ

   きっと、猪名川は今の戦いで
   またひとつ強くなった


  マナ
   乱花さん……!


  乱花
   九頭竜は一緒にドライヴして
   何も感じなかったの?
   そんなわけないよね


  桃
   …………           4-B-後




 非協力的な指導者たち:


  マナ
   だったら、私はどうすれば
   いいんですか?

   桃さんとペアを組んで
   訓練するどころか、まともに
   話も聞いてもらえないんです


  越後屋
   あはは、見てた見てた
   見事なまでのフラレっぷりだったねぇ


  マナ
   笑い事ではありません


  越後屋
   思うままをぶつけ合えば
   時には意見が衝突することもあるっしょ

   若いっていいね~
   うんうん


  マナ
   越後屋さん
   私の話、聞いてます?

   桃さんの気分次第で、私だけ
   ペアを組めないかも知れないんです

   これって、神楽坂姉妹に比べて
   大きなビハインドじゃありませんか?
   不公平でしょう

   あなたや理事長先生から
   何とか言ってもらえません?


  越後屋
   気持ちは分かるんだけど
   えっちゃんも理事長ちゃんも
   中立の立場だからさ

   自由に一人で訓練したいっていう
   桃ちゃんの意向も汲まなくちゃ
   ならないわけ


  マナ
   つまり、何もしてくれない
   ってことですか


  越後屋
   そうは言ってないけどぉ           3-A-前




 手段を選ばない:


  乱花
   でも、こんなのはあんまりだよ!
   猪名川だって、こんな手で勝って嬉しいの?


  マナ
   おかしなことを言いますね
   嬉しいに決まってるでしょう
   勝つためにここにいるんです


  ヴァイオラ
   マナの言う通り
   勝ってこその勝負

   そして負け犬の遠吠えほど
   見苦しいものはないわ


  桃
   私が……負け犬だと?          8-A-後



  倫花
   マナちゃん
   勝ち負けより大事な事ってあると思うんだ


  マナ
   そうですね


  倫花
   マナちゃんが満腹丸ちゃんに
   したことは、やっぱりやっちゃいけないことだよ


  マナ
   そう思います


  桃
   ……猪名川


  マナ
   けれど
   それを語っていいのは勝者だけなんです

   それが理解できないなんて
   愚かとしか言いようがありません


  倫花
   マナちゃん
   それは違うよ


  マナ
   勝ってから喋りなさいと
   そう言ってるんです          8-B-前

    ※ 信頼出来るパートナーと心を開いた桃が側にいる倫花に、
      マナの置かれた状況は見えていない



  乱花
   早かったのかな?

   ……うわっ!?
   な、何!?

   誰だ!!
   奇襲なんて、ずいぶんと
   セコい真似しやがって!


  マナ
   ずいぶんなお言葉ですわね
   奇襲は立派な戦術ですよ          14-B-前




 力を渇望:


  マナ
   倫花さんも乱花さんも
   遅刻ですよ

   気が緩んでるんじゃありませんか?

    ※ この辺りから、不遇に気色ばむことが増え出す


  乱花
   猪名川、何かイラついてる?


  マナ
   別に


  乱花
   5分遅れたら、5分余分に
   訓練すればいいだけじゃない


  マナ
   はあ……
   いつでも好きな時にペアを
   組める人は、気楽でいいですね


  倫花
   あれ?
   そういえば桃ちゃんは?


  マナ
   一人でランニングへ行ってしまいました


  乱花
   置いてけぼりを食って
   途方に暮れてるわけだ
   で、イライラしてんの?


  マナ
   誰とペアを組めるかは
   私に取っては死活問題なんです


  乱花
   他の連中はどうしたの?

   相部屋だからって九頭竜と
   組まなくちゃいけないって
   決まりでもないわけでしょ

   VRクラスって、私たちだけじゃないんだし


  マナ
   それです!
   乱花さん!

   越後屋さん
   他のクラスメイトはどうしたんですか?

   治療プログラムで姿を見たことが
   ありませんけど


  越後屋
   あ~、あの3人のことか~

   ヴァイオラちゃんは、通常の授業
   なんてバカバカしいって言って
   受けようともしないんだよね

   VR-ウイルスを利用した戦闘に
   おいては、小春ちゃんにも劣らない
   実力者なのは確かなんだけど

   エリート意識が強過ぎて
   他の子と馴染もうとしないのが
   問題って感じかな~


  マナ
   満腹丸さんは?
   どうして授業に出ないんですか?


  越後屋
   あの子もな~
   潜在能力はあるんだよ

   入島試験では、かなりの
   好成績を記録しているし

   ただ、入島してからは
   ず~~~~~っ食べてばっかりで
   授業を受ける気がないみたい


  マナ
   そんなのサボりじゃないんですか!
   そんなことでいいんですか?


  越後屋
   二人とも定期戦ではきちんと
   結果を残しているんだよね

   エリート地区に住むのも
   ずっと食べ続けるのにも
   ポイントが必要なわけでしょ

   彼女たちは
   授業をサボリ倒してるだけで
   やることはやってるワケよ

   (略)

  マナ
   ビクニとしては、ある程度の勝手を
   許しても手放したくはない存在だと?


  越後屋
   ま、そゆこと
   えっちゃんにとってもお得意様だしねぇ


  倫花
   小春ちゃんは?
   授業をサボったりするような
   印象じゃなかったけど


  越後屋
   小春ちゃんは別だよ
   なにしろ五期生筆頭だもの


  マナ
   五期生――筆頭?


  越後屋
   成績優秀者に与えられる役職だよ

   生徒の数が増えてくると
   どうしても理事長ちゃんの目が
   届かないことってあるんだ

   立場の問題もあったりで
   介入できない厄介なこととかね

   そういう複雑な問題とかを
   生徒の立場から一手に引き受けて
   もらっているわけ

   居住区の治安維持だとか
   生徒間の揉め事の取りなしとか
   ボランティアの取りまとめだとか


  乱花
   あの子、そんなにえらい立場だったんだ


  越後屋
   授業に顔を見せないのは
   筆頭としての仕事が忙しくて
   授業の方に手が回らないんだね


  マナ
   筆頭になれば、通常の授業は
   免除されるんですか?


  越後屋
   そうだよ
   理事長ちゃんがお願いして
   筆頭をやってもらってるんだもん

   どっちにしろ小春ちゃんは
   VR-ウイルスの制御でも
   遥か先を行ってるわけだし

   最新の治療プログラムの
   開発にも関わってもらってるぐらいだもの

    ※ ウイルスの研究に携わるという点でも、
      小春はマナの目標や超えるべき存在と言える


  マナ
   そんなことまで?


  越後屋
   そうだよ。 だから
   こんな初歩の治療プログラムは
   受ける必要がないんじゃないかな


  マナ
   筆頭になろうと思ったら
   月影さんの成績を超える必要が
   あるわけか……

    ※ 筆頭への意欲が芽生え始めている


  越後屋
   あ、それで思い出した

   理事長ちゃんが小春ちゃんの
   サポートをしてくれる人を探してたみたいだよ

   いわば副筆頭だね

   (略)

  越後屋
   いやまぁ
   実際その通りなんだ

   どう? 倫花ちゃん
   副筆頭を目指してみない?
   エリート地区に住めるよ~

   (略)

  乱花
   そんな面倒くさい役目なんて
   私もゴメンだな

   自分のことだけで精一杯だもん
   ねぇ、猪名川もそう思うでしょ


  マナ
   そ、そうですね

   (独白開始)

   もし副筆頭になれれば
   治療プログラムの最先端に
   関わることができる……

   他にも色々なアドバンテージが
   ありそうですね……

   (独白終了)


  乱花
   おっと、もうこんな時間か
   授業が始まるよ

   九頭竜のことなんかほっときなよ
   暇な時は、私が訓練に付き合うからさ

   あっ
   お姉ちゃんはダメだよ

   お姉ちゃんと組んでいいのは
   私だけなんだから


  マナ
   ありがとう、乱花さん
   その時はお願いします

   組む相手がいないからと言って
   手をこまねいて何もしない理由には
   なりませんものね……

   (独白開始)

   月影さんも、ヴァイオラさんも
   満腹丸さんですら、私の遥か先を
   行っているのだから

   今の私にやれることをやらなくちゃ

   あっという間に数日が過ぎた

   あれから桃さんとは一言も
   口を利いていないけれど……

   (独白終了)


  乱花
   猪名川、ごめんね


  マナ
   何がですか?


  乱花
   あんなこと言っておいて
   結局、猪名川の訓練に
   全然付き合えなったからさ


  マナ
   いいんです
   倫花さんも乱花さんも
   お忙しかったでしょうから

   (独白開始)

   それに……
   最初からアテにはしていませんでしたし

   (独白終了)

    ※ ペアで訓練を行うことすらできないマナは、危機感を強く感じている


   (略)

  マナ
   今日は私がリブレイターを
   務めさせていただきますね
   いいでしょう?


  桃
   どっちでもいい
   好きにしろ


  コンゴウ
   マナ
   訓練の成果を見せてもらおうか


  マナ
   どうでしょう
   期待にお応えできるといいんですけど


  桃
   ……なんだ?
   随分と余裕がありそうだな


  マナ
   余裕なんてとんでもない
   ただ全力を尽くすのみです


  コンゴウ
   手順はいつもと同じだ
   相手のペアを探し出し
   戦って、勝て


  マナ
   では参りましょうか          3-A-前



  マナ
   ……


  理事長
   なるほど
   あれが猪名川さんに教えた
   勝つための訓練なのね


  コンゴウ
   マナには焦りがあった
   焦りは心に迷いを生む


  理事長
   座禅なんかで迷いが消えるものかしら?

   そんなに簡単な問題では
   ないと思うんだけど……
   どうやって指導したの?


  コンゴウ
   肉体を限界までいじめ抜いてから
   ただひたすら座らせた
   それだけだ


  理事長
   相変わらずスパルタね
   それじゃ雑念を抱いている
   余裕なんてなくなるわけだ


  コンゴウ
   健全な精神は健全な肉体に宿る
   その逆も然りだ

   見ろ、あの清々しい表情を
   マナの精神は今や自然と一体と
   なり、その強さは確固たるものだ


  マナ
   ……はっ
   つい寝込んでしまいました


  理事長
   寝てたみたいだけど?


  マナ
   成り上がるために
   利用できるものは全て利用し尽くさなくては

   アホの神楽坂姉妹も
   分からず屋の九頭竜桃も
   他の連中も!

   勝手なことを言って
   いられるのも今の内だけです

   最後に笑うのは
   この猪名川マナ
   ただ一人なのですから!

   ふふふ……
   ふははははははは!!
   あーっはっはっは!

    ※ これはコンゴウの指導ミスとも言える。
      桃に自分を見てもらえず、不遇に遭って闇堕ちしている


  理事長
   あまり清々しくもないわね
   いっそ毒々しいわ


  コンゴウ
   ま、まあ明確な目的が
   あるのはいいことだ

   自分がどうあるべきかを
   マナは知っている
   それで良い


  理事長
   ま、あなたがいいなら
   文句を言うこともないわ


  マナ
   あら、理事長
   コンゴウ先生もいらしていたんですね


  理事長
   調子が良さそうね
   いい表情をしているわ


  マナ
   ええ、このビクニで生き残るには
   どうすればいいか分かりましたから

   あとはどんな手段を使ってでも
   それを実現すればいいだけです


  理事長
   実戦訓練のデータを見せてもらいました

   月影さんの背中を捉えると
   いうのも、あながち冗談では
   ないかも知れないわね


  マナ
   冗談を言ったつもりはありません

   優秀な成績を残せば
   副筆頭に取り立てて
   もらえるんですよね?


  理事長
   ええ、その通りよ
   期待しているわ


  マナ
   それを聞いて安心しました
   では用事がありますので
   失礼します


  理事長
   正直、最初に脱落するのは
   猪名川さんだと思ってたんだけど
   面白くなってきたわね          3-B-前



  マナ
   彼女がダイイトク先生まで
   辿り着いているというのなら
   私にだって余裕です

   明日にでも追いついてみせましょう

   五期生の筆頭に相応しいのは
   月影さんではなく、この私なんですから 

   (略)

  マナ
   ではさっそくエリート区画へ
   向かいましょう

   面白くなってきましたね
   うふ、うふふふ……

   ふう
   いよいよ私の野望の実現に向けて
   第一歩を踏み出す時が来ましたね          4-A-前



  マナ
   これでもまだ
   私の矢はコンゴウ先生に届かないのか……


  理事長
   猪名川さん
   合格点に届かなかったとは言え
   見事な戦い振りだったわ


  マナ
   え……?


  コンゴウ
   ウム
   短期間でここまで成長するとは
   師として我も鼻が高いのである


  理事長
   これならば副筆頭の役職を
   任せられるかも知れないわね


  マナ
   理事長先生!
   本当ですか?


  理事長
   少なくとも私は
   その資格はあると思っているわ

   もちろん定期戦や
   他の要素も参考にしなければ
   決定はできないけれどね


  コンゴウ
   更に訓練を積み、再び戦えば
   合格の的にも届こう


  マナ
   あ、ありがとうございます
   次に挑戦できるのがいつになるか
   わかりませんけれど……


  コンゴウ
   強くなりたいのであろう?
   この島で高い地位を得て
   誰よりも優位に立ちたいのだな


  マナ
   それは……
   不純だと言われるかも知れませんが
   私はそうしなければ――

    ※ 居場所を求める気持ち


  コンゴウ
   それで良い


  マナ
   えっ?


  コンゴウ
   それが己にとって正しいのだと
   心から信じておれば良いのである


  理事長
   その心の強さこそが
   猪名川さんの長所でしょう


  コンゴウ
   正しいと信じるからこそ
   お前は人一倍の修練を積み
   ここまで来たのではないか


  マナ
   ……はい


  コンゴウ
   なれば、それがお前の往く道である


  マナ
   はい、先生!!          4-A-後



  マナ
   乱花さんの負けですね
   あの人には皮肉なんて通じません
   何しろ筆頭なんですから

   いずれ、私がその座を
   奪ってみせますけれど……
   ふふ、うふふふふ          7-B-後



  マナ

   (独白開始)

   ああ、気持ちいい……
   この身体の中を流れていくものはなに?

   そうかこれが……
   これが本当の私……
   私の力……

   (独白終了)

   やっと目覚めてくれた……

   やっぱりヴァイオラさんは強い……
   私までをも高みに引き上げてくれる

   桃さんのようなクズから
   ヴァイオラさんに乗り換えて
   本当に正解でしたね

   これならゴウザンゼ先生にだって……
   うふふ、あははははははは!!          8-A-後

    ※ ウイルスによって攻撃的な性格となっている
      ヴァイオラとのドライヴによって、更にそれが顕著になっているのかもしれない

    ※ ドライヴした相手の想いを共有し影響を受けるという仮定が事実なら、
      マナが攻撃的な性格になり、桃や乱花が献身的になっていった事にも説明がつく



 上昇志向:


  マナ
   ……ま、参りました
   降参です


  ヴァイオラ
   やっと意味が分かる言葉を聞けたわ


  マナ
   これほどの差があるとは
   想像もしていませんでした……

   副筆頭の役職を辞退します
   ヴァイオラさんこそ相応しい


  ヴァイオラ
   副筆頭の副って
   ナンバー2って意味でしょ?
   そんな役職いらないわ


  マナ
   なら、せめて私とペアを
   組んで下さい!


  ヴァイオラ
   嫌よ
   全身全霊でお断り


  マナ
   そ、そんな……


  ヴァイオラ
   あなたと組むくらいなら
   まだこっちの方がマシだもの

   (略)

  マナ
   私は満腹丸さんにも
   及ばないって言うんですか?


  ヴァイオラ
   ほら、それすら分かってない
   その程度なのよ、あなたたちは


  マナ
   そう、ですか……


  ヴァイオラ
   あなた、この区画に住みたいと
   言っていたわよね


  マナ
   その話はもう諦めます
   すみませんでした


  ヴァイオラ
   ここのところ、小春が筆頭の仕事で
   忙しくて、ちっとも訓練に付き合って
   くれないのよね

   あなたがエリート区画に住むというなら
   練習用のパートナーとして
   雇ってあげてもいいけど


  マナ
   それで構いません!
   お側において下さい!


  ヴァイオラ
   引っ越しの手配は越後屋に頼みなさい

   爪の垢ほどだけど
   あなたに興味が湧いたわ

    ※ 上昇志向のマナは、ヴァイオラにとって見所がある
      小春に認められる為に必死なヴァイオラは、思うところがあるのだろう


  マナ
   ありがとうございますっ!
   私、パートナーとして一生懸命頑張りますっ!


  桃
   …………


  マナ
   ……悪く思わないでください
   桃さんを裏切るつもりはないんです

   ただ、さっき言ったとおり
   私は次のステップに進みたい
   脱落したくないんです

   いいえ
   何を言ってもただの言い訳ですね
   ごめんなさい

    ※ 桃は何度もマナの差し伸べた手を振り払ってきた、仕方が無いだろう


  桃
   私は最初から独りだ
   気にするな


  マナ
   ごめんなさい……          5-B-後



  マナ
   ふう、困りましたね
   初戦で負けるなんて想定外です

   どうしたものか……


  ヴァイオラ
   惨めなものね
   副筆頭さん

    ※ この辺りからマナに対する風当たりが強くなっていく

  マナ
   ヴァ、ヴァイオラさん!


  ヴァイオラ
   こんなんじゃ副筆頭の座どころか
   ビクニの居残りもヤバいんじゃない?


  マナ
   評価は他で取り返します

   初戦で負けたのだって
   ペアの再抽選が原因です


  ヴァイオラ
   パートナーのせいだと?


  マナ
   そ、そうは言ってません

   でも!
   一緒に育った姉妹が相手だなんて
   誰だって動揺するに決まってます


  ヴァイオラ
   ま、どんな言い訳をしても
   負けは負けだけど

    ※ 実際、乱花は倫花相手に本気は出せないのだから、
      やはりマナは不利だった


  マナ
   乱花さんも、倫花さん以外が
   相手なら負けないと言っています
   だから――


  ヴァイオラ
   だから?


  マナ
   私はあきらめません
   この島で生き残ってみせます

   ……どんな手を使ってでも


  ヴァイオラ
   うふふ
   あなたのその目、嫌いじゃないわ

   小春を倒せとは言わないけれど
   露払いくらいは役に立ってね
   じゃあね          7-B-前



  小春
   はい、私もパートナーを
   決めなければならないので


  マナ
   パっ、パートナー!?

   (略)

  小春
   ええ、次の定期戦は
   VR-ウイルスの保持者同士で
   組んでみたいなと思って


  マナ
   そうですよねっ!
   せっかく同じ境遇に生まれたんですもの!

   特に私と月影さんは筆頭と副筆頭

   何かと通じるところも
   あるのではないかと……

    ※ 更なる乗り換えへの意欲が、マナの印象を悪くしていく


  小春
   私は、あなたと通じていると
   思うことはまるでありませんけど          9-B-前



  ヴァイオラ
   小春に勝って見せたわ
   これが私の実力よ

   小春だけが特別なんて
   もう言わせない

   小春、これで私が同格と
   認めるわよね


  小春
   惜しかったですね
   桃さん

   (略)

  ヴァイオラ
   私の話を聞きなさいッ!

    ※ 桃に対するマナと、小春に対するヴァイオラは似ている。
      この辺りがヴァイオラがマナを気に入った理由

  小春
   ヴァイオラさん……


  ヴァイオラ
   バカにしないでよ!
   私一人を舞い上がらせて
   興味が無いだなんて!

   バカに……しないでよ
   私は……小春と……


  小春
   ご、ごめんなさい
   無視したつもりはなくて

   あなたのことは
   もうわかっているから
   だから――


  ヴァイオラ
   わかってるなら
   もっと私を見てよ……          10-B-後



 五体目の神へ:


  マナ

   (独白開始)

   はぁ……どうすれば
   月影さんは私をパートナーとして
   認めてくれるんでしょう

   (独白終了)


  満腹丸ちゃん
   トンテキ!


  マナ
   ……どこの国の挨拶ですか?


  満腹丸ちゃん
   トンテキはトンテキなのだ

   今日のポイントは
   ぜ~んぶブタさんの料理に
   こしらえよ~っと!


  マナ

   早く信頼できるパートナーを
   見つけなくちゃ……

   (独白開始)

   ヘタしたらこのブタしか
   余らないなんてことも……

   (独白終了)


  満腹丸ちゃん
   余り物には福があると聞きますし

   というかー
   まんぷくまるちゃんから見れば
   そっちが余り物なのだ


  マナ
   ぐはっ!
   こ、こんなヤツに余り物と
   言われるなんて……!


  満腹丸ちゃん
   まーまー
   そんなに気を張ってたら
   すぐにおなかが空いてしまいます

   ピーちゃんもらんちゃんも
   勝ったり負けたり、楽しそうでなによりなのだ

   ポイントたくさん、ご飯たくさん
   まんぷくまるちゃんは具だくさん!

   あはははははははは!


  マナ
   余り物コンビだなんて
   呼ばれるのだけは絶対に避けなくては……


  理事長
   あらあら
   落ち込んでいるみたいね


  マナ
   理事長先生


  理事長
   ちょっといい?
   こっちこっち


  マナ
   なんですか?


  理事長
   あなたにだけ伝えておきたい事があるの

   ちょっと耳を貸してちょうだい


  マナ
   はあ、いいですけど……


  理事長
   あのね
   ごにょごにょごにょ……


  マナ
   それって……


  理事長
   あとはあなたの決断次第よ
   考えておいてね


  マナ
   …………

   へえ
   私にも運が向いてきたみたい……

   うふふふ…… 
   あはははははははは!!          10-B-後

    ※ 五体目の神となることへの打診




  理事長
   マナさん
   ついてきて

   例の件について
   早急に手を打たなければ

  マナ
   はい
   理事長先生          12-C-後

    ※ マナが新たなる神となることへの打診。四神の負担を軽減する為
      もしかしたら、キリンとなる為として既に薬物療法を始めている可能性もある。
      後に、五期生最強となったら五体目の神とするという話があったが、
      “早急に手を打つ”と言うあたり、そう思わせる



  小春
   マナさん、あなたは
   何を知っているんですか?


  マナ
   月影さんが知らないこと
   ぜーんぶ、です

   みんなが幸せになれるんです
   うふふ……          13-B-後



  マナ
   実は理事長先生にこう言われたんです

   この島を守るために
   協力しなさい、と……

   そして五期生で最強になった暁には
   私を五体目の神にしてくださると

   そう月影さんではなく
   この私を!

   そうしたら私は……
   ふふ、ふふふふ!
   あははははははは!          16-B-前




 マナの修練:


  マナ
   ま、こんなものでしょう

   倫花さん、乱花
   今回は私たちの勝ちということで


  乱花
   負けた……?
   私とお姉ちゃんが組んだのに……


  コンゴウ
   当然だ
   訓練の積み重ねが
   結果として表れただけのこと


  乱花
   訓練の積み重ね?
   どういうこと?


  コンゴウ
   前回の訓練から今日まで
   お前たちが何をしていたかは知らぬ

   だがその間、マナは我の下へ
   通い訓練を重ねた

   短い期間ではあったが
   それが確実にマナの力となったのだ


  桃
   つきまとわれなくなったと思ったら
   そんなことをしていたのか

   (略)

  マナ
   コンゴウ先生の仰る通りです
   精神力がVR-ウイルスを制御する
   その手応えが感じられました

   私はもっと強くなれます

   そして五期生副筆頭の座を
   ゲットすると宣言します!

   (略)

  マナ
   今はまだ無理ですが
   その内に月影さんの背中を捉えて見せましょう          3-A-前



  コンゴウ
   正しいと信じるからこそ
   お前は人一倍の修練を積み
   ここまで来たのではないか


  マナ
   ……はい


  コンゴウ
    なれば、それがお前の往く道である


  マナ
   はい、先生!!          4-A-後



  マナ
   ヴァイオラさん、こんな流れで
   戦う事になってしまいましたけど

   良い機会です
   はっきりさせておきましょう


  ヴァイオラ
   はっきり?
   何を?


  マナ
   わたしとあなた――
   どちらが月影さんのパートナーにふさわしいか


  ヴァイオラ
   なんだ、そんな事……


  マナ
   そんな事?


  ヴァイオラ
   ええ、そんな事でしょう

   私がはっきりさせたいのは
   私が強いか強くないか――
   それだけよ


  マナ
   あなた、月影さんを倒したいの?
   それとも、月影さんと組みたいの?
   どっちなんです?


  ヴァイオラ
   さあ?
   どっちなのかしら


  マナ
   はあ?


  ヴァイオラ
   私が強くあるために
   倒すべきライバルなのか共に戦う仲間なのか

   それを見極めたい


  マナ
   どっちも困るんですよね
   私のパートナーは月影さん以外
   ありえないんです

   知らないくせに……

   月影さんにふさわしいと
   思ってもらえるように
   私がどれほど努力したのか          11-A-前

    ※ コンゴウの許に通い詰めた以降も、鍛錬を重ねてきたのだろう




 良い人扱いをいやがる:


  乱花
   ていうかさ、猪名川はなんで
   修練場なんかにいたわけ?


  マナ
   え?
   それは……その


  倫花
   桃ちゃんのことが
   放っておけなかったんだよね


  マナ
   そ、そういうわけじゃないんですけど


  乱花
   またまた、謙遜しちゃって~
   九頭竜は、猪名川に感謝しなくちゃだね


  桃
   感謝?
   私が?


  乱花
   そうだよ

   ルームメイトだからって、こんなに
   親身になってくれる人って
   なかなかいないよ


  倫花
   マナちゃんみたいないい人が
   ルームメイトで良かったね~


  マナ
   べ、別に私はいい人というわけじゃ
   なくて、そういうの困るんです
   私はただ――


  倫花
   とっても優しいし
   お勉強も教えてくれるし


  乱花
   いい匂いがするし
   おっぱいも大きいし


  マナ
   ひゃんっ!

   ちょっと乱花さん!
   どさくさに紛れて、どこを
   触ってるんですか!?


  乱花
   ほら、九頭竜も触っておきなよ
   こんなチャンス、滅多にないよ


  桃
   そうか? では……
   ふむ、なかなか良い大胸筋だな
   前鋸筋も三角筋も悪くない


  マナ
   ちょ、ちょっと桃さんまで!!
   あはっ、あはははは!
   くすぐったい!!


  桃
   褒められているんだ
   素直に受け入れればいい


  マナ
   わ、私がいい人だとか
   そういうのはどうでもいいんです
   それよりも、ちゃんとお話を――

   もうっ!
   みなさん、放してくださいってば!
   てーいっ!!


  乱花
   あっ、猪名川が逃げた!


  マナ
   いずれ、ちゃんとお話を聞いて
   もらいますからね!!


  桃
   いい人扱いされたのが
   余程イヤだったようだな          2-B-後



  マナ
   その意気です
   簡単に諦めてもらっては困ります!


  倫花
   えっ、マナちゃん?
   どうしてここに?


  マナ
   どうしてもこうしてもないでしょう
   助けに来てあげましたのに


  乱花
   ありがたいけどさ
   でも猪名川一人増えたって
   どうしようもないよ


  マナ
   一人?
   どこに目をつけているんですか?


  五期生A
   神楽坂さん、助けにきたよ!


  五期生B
   私たちも一緒に戦わせて!


  倫花
   五期生のみんな……!!
   港にいたんじゃなかったの?


  マナ
   越後屋さんから連絡を受けたんです
   船は動かせないし、港に籠って
   いても退屈ですから

   それに皆さんが、どうしても
   倫花さんたちの力になりたいと
   言うものですから仕方なく

    ※ 以前にもあったが良く思われるのが恥ずかしいのだろう。
      本来は奥ゆかしい性格であるのが伺える


  五期生A
   えっ、神楽坂さんたちを助けに
   行こうって私たちを説得したのは
   猪名川さんだよね?


  五期生B
   しーっ!
   そういうことを言っちゃダメ!

   ほら、猪名川さんが耳まで
   真っ赤になっちゃってる


  倫花
   マナちゃん……


  乱花
   猪名川がみんなをまとめて
   連れてきてくれたんだ……


  マナ
   わ、私たちが置かれている事情を
   説明したら、勝手にまとまっただけです

   私は何も――          O-20-A-前




 言葉遣い:


  桃
   まったく物足りないな
   それが本気だとは認めない

   立てっ!
   立ってもう一度戦え!


  マナ
   その辺りで終わりにしなさい
   もういいでしょう

   これ以上は死体を蹴るような
   ものですよ


  乱花
   死体って私たちのことか!?


  マナ
   他にいますか?
   倫花さんも乱花さんも認めなさいな
   実力の差は歴然です

   治療班を手配しました
   出直していらっしゃい


  乱花
   猪名川、お前……!
   覚えてろーっ!


  桃
   いいのか?
   あんなことを言って


  マナ
   あなたと組むと決めた以上
   相手に情けをかける必要はありません

   (独白開始)

   それに、ああでも言わなければ
   桃さんも乱花さんも引っ込みが
   つかなかったでしょうし

   (独白終了)

   はあ
   これじゃ本当に嫌われ者ですね……          5-A-前

    ※ 自分がどう思われるかより、相手を優先している



  マナ
   はいはい
   空気が悪いですよ~

   ヴァイオラさんも
   そんなに怒ってはいけません

   倫花さんが己の力量を見誤った結果
   あんなふうになってしまったのは
   事実ですけど

   私は倫花さんが弱者だなんて思いません

   だって、すごいじゃないですか

   未熟なリブレイターと組んで
   ゴウザンゼ先生から
   合格を勝ち取ったのですから

   ねえ? 乱花さん?          9-A-前

    ※ 単なる煽りならウイルスの影響が大きく、
      そうでないならヴァイオラを庇ったとも言える



  満腹丸ちゃん
   わわわ~!
   遅刻なのです~!


  理事長
   はああぁぁ……


  小春

   (独白開始)

   特に酷かったのって……

   (独白終了)


  ヴァイオラ

   (独白開始)

   間違いなく……

   (独白終了)



  マナ
   このブタのことね……          11-A-前



  満腹丸ちゃん
   トンテキ!


  マナ
   ……どこの国の挨拶ですか?


  満腹丸ちゃん
   トンテキはトンテキなのだ

   今日のポイントは
   ぜ~んぶブタさんの料理に
   こしらえよ~っと!


  マナ

   早く信頼できるパートナーを
   見つけなくちゃ……

   (独白開始)

   ヘタしたらこのブタしか
   余らないなんてことも……

   (独白終了)          10-B-後



  マナ
   大丈夫です
   ヴァイオラさんのパートナーは
   あのブタ――

   ――のような体型をした
   満腹丸さんですし

   ヴァイオラさんの戦いは
   定期戦でも見ています

   あの人だけじゃない
   私だって強くなってるんです

   現時点の総合力では
   遥かにこちらが上でしょう          11-A-前



  マナ
   いやいやいやいや!
   序列一位と二位のコンビですよ!?
   ムリムリムリムリです!

   しかもパートナーが
   カロリー切れのブタだなんて!
   私、死んじゃいます!          11-B-前




  マナ
   警備システムに反応が
   あった場所はこの先ですね
   記録を見せて頂ける?

   …………

   あらあら、神楽坂姉妹が
   来ると思っていましたのに
   ハズレの方でしたね

   来たのはクズとブタでしたか

   (略)

  マナ
   ふうん、ま、いいけど

   で、あの二人をどうするか
   でしたっけ

   それは相手次第です
   ……来ました

   ようこそ、不法侵入者さん

   (略)

  マナ
   ありがとう
   では、行きますわよ

   それじゃ、クズを……
   いえ、九頭竜さんたちに
   教育的指導を行いましょうか          13-B-前



  マナ
   良かったじゃないですか
   負けた言い訳が出来て
   ブタのせいで負けたってね          13-B-後



  ヴァイオラ
   くっ……
   なかなかやるわね……


  マナ
   ちっ、単にあなたが
   役立たずなだけでしょうが

   (略)

  マナ
   そ、それはブタを
   餌付けしようとしただけです!          O-18-A-後



  マナ
   でも倫花さんったら、乱花さんにも
   勝てなかったのに、どうやって四神の
   先生方に勝つつもりなのでしょう?

   ホント、諦めが悪いというか
   頭が悪いというか


  乱花
   ……調子に乗るなよ、猪名川


  マナ
   あら、なにか気に障りましたか?


  乱花
   おまえなんかが
   お姉ちゃんを語るな

   次にお姉ちゃんをバカにしたら
   私が許さない


  マナ
   あら、ごめんなさい
   次から気をつけますね

   (略)

  マナ
   あら、クズブタコンビ……
   いえ失礼、桃さんと満腹丸さん

   (略)

  マナ
   くっ
   ブタがブーブーと
   わけのわからないことを……          C-18-A-前



  マナ
   ひとつ教えて差し上げましょう
   あなた、迷っているのがバレバレです

   あなた自身はこの島から
   出たくないという気持ちがあるのに
   どういうわけか倫花さんの側にいる

   そういうあなた自身の中の矛盾が
   迷いの原因です

   それがドライヴにまで影響を及ぼしている

   迷いながら勝てるほど
   ヴァルキリードライヴは甘くありませんよ?

   以上、猪名川マナによる
   クズブタコンビの敗因分析でした
   うふふっ          C-18-A-後



  マナ
   クズの考えることなんて
   私には理解できませんね

   大方、倫花さんに騙されて
   上手く丸め込まれてしまったんじゃ
   ないんですか?

   自分が利用されているだけだとも知らずに……


  乱花
   おい……猪名川
   この前言ったことを忘れたの?
   お姉ちゃんの悪口は許さない

   お姉ちゃんは人を騙したりしない
   猪名川とは違うんだ


  マナ
   あら、私がいつ誰かを
   騙したというんです?


  乱花
   そうやって善人面して他人の
   悪口をさらっと言うところだよ

   笑顔の仮面を被って
   周りの人間全員を騙してる
   みたいなものじゃない


  マナ
   別に悪口を言っているつもりは
   ないんですけどね

   私はただ、思ったことを素直に
   口にしているだけです
   ふふっ          C-18-B-前




 責任転嫁:


  ヴァイオラ
   マナ、あなたのせいではないわ
   あなたは十分役に立ったし
   この先も役に立ってもらわなくては

   それに、ちょっと面白いものも
   見ることができたことだし……

   これで終わりではないんでしょう?
   マナ、きちんと後始末をつけなさいな

   (略)

  倫花
   ちょっとは分かってもらえたのかな
   ヴァイオラちゃんに


  桃
   少なくとも無視できない
   くらいには近づけたらしい

   猪名川
   お前はどうなんだ?


  マナ
   私は負けていません
   今回はヴァイオラさんが手を抜いたからです          8-B-後

    ※ どう見ても責任転嫁にしか見えないが、
      桃が神楽坂姉妹達と上手くやっているのを見て、
      動揺していた可能性もある。それが後に明らかとなる



  マナ
   どうして……どうして
   ヴァイオラさんは倫花さんに
   協力してるんですか!?

   役に立たないばかりか
   邪魔までするだなんて!


  小春
   桃さんとの約束を果たすためです
   彼女は、真っ直ぐな人ですから


  マナ
   なに他人事みたいに
   言ってるんですか!?

   あなたたちが、あの役立たずを
   ちゃんと始末しておかないから
   こうなったんでしょうっ!?          C-19-B-後




 責任能力:


  理事長
   V-ウイルスは、強大な力と
   未知の可能性を秘めています

   その力を制御できないせいで
   思いがけない事故を起こしてしまったり
   心身に重篤な影響を及ぼす場合があるわ          1-B-前



  グンダリ
   V-ウイルスという病原体と
   ドライヴという現象が発見されたのは
   つい数年前のことです

   個体差はあるものの
   好戦的な性格と、通常の人間を
   遥かに超える身体能力……

   研究者は、ウイルスの感染者に
   ヴァルキリーと名付けました

   世界政府は、そのヴァルキリーの
   能力に目をつけ、軍事利用することを
   思いついたのです           16-C-後




  桃
   攻撃的な思考は、VR-ウイルスが
   精神に及ぼす典型的な作用だ

   ある程度は仕方がないことだ
   私でも、戦闘的な衝動を抑えるのに
   苦労することがある


  マナ
   VR-ウイルスの作用……


  倫花
   マナちゃんは、ただ
   不安だったんだよね?


  マナ
   ……そうなのかも知れません

   不安を埋めるために力を求めて
   その力を失うことを恐れて
   また力を求める……          C-20-A-後












 (未来を)描く


  ED 『Drawing』 作詞:佐々木美和

   いつわりという青い時の中で
   けがれさえ知らずに笑う虹を見た

   雨に濡れて傷ついた未来は
   幸せの居場所をずっと覚えていた

   手を伸ばしたら届きそうな距離で
   夢はなぜきらめくのだろう

   救いようのない時間という旅の中で
   悲しみのない世界へとゆこう

   そしてもういちどあの虹を見つけよう

   裸足のままで手をつなぎながら
   はしゃぐ陽射しのなか君と歩きたい

   I believe 心に描いた約束は
   永遠に誰にもこわせない

   白い羽の髪飾りをつけて
   やわらかな光と風に包まれた

   雲は流れ移りゆく景色は
   やがてこの心を映す鏡と知る

   かけがえのない人たちの想いに
   どれくらい気づけるのだろう

   遠い島の鐘の音が今胸に響く

   綺麗なままで生きられはしない
   だけど奪うことで輝きたくない

   たとえこの命が朽ち果てても
   愛をつらぬく強さ守り続ける

   I believe 遥かな奇跡の物語

   描いてく小さなこの指で

   割れた路上の片隅で
   花のつぼみが揺れている

   つまづいて倒れても未来は咲いてくから
   悲しみのない世界へとゆこう

   そしてもういちどあの虹を見つけよう


   裸足のままで手をつなぎながら
   はしゃぐ陽射しのなか君と歩きたい

   I believe 心に描いた約束は
   永遠に誰にもこわせない

   I believe 心に描いた約束は
   永遠に誰にもこわせない

   描いてくこの指で





Copyright c VALKYRIE DRIVE -BHIKKHUNI- 考察サイト All Rights Reserved.